柔道の払腰(はらいごし)は、相手の重心を前に崩し、さらに足を払って一気に投げる腰技です。実践では特に重量級の選手が多く使うのが見られます。

払腰のやり方

柔道の払腰は、釣り手は相手の鎖骨の上辺り、引き手は肘の辺りをしっかりつかむ基本のしの動作から始めます。

引き手を斜め前へ引き上げながら、足を踏み込み、体を回転させながら相手を引きつけます。相手を前腰に乗せ、一歩足の体勢になり、腰のひねりを活かし、相手の足と腰を一気に払い上げるように投げます。

払腰のコツ

払腰をかけるときのコツは、引き手でしっかりと相手を引きつけ、相手の体を密着させるようにします。体を密着させることで力を伝えやすくなります。

足を払うときは、自分の膝の裏辺りを使い、相手の膝から足首の部分を払い上げるようにかけます。膝より上を払おうとすると相手が膝を曲げて対応してきやすくなるので注意が必要です。

払腰の練習

柔道の払腰の上達する練習メニューは、引きつけの練習をしていきましょう。

引きつけの練習は、まず相手と自然体で組合います。相手に少し後ろに重心を倒してもらい引き手と釣り手を使い胸にぶつかるまで引きつけます。




このとき、足の位置は動かさずに膝と上半身の力とともに釣り手と引き手を使い、相手を引きつけます。

慣れてきたら相手がしゃがんだりして負荷を大きくすると効果的に練習できます。引きつけの練習は筋力トレーニングも兼ねているのでおすすめします。

つぎに払腰の上達する練習メニューは、自分にあった払腰をみつけて練習していきましょう。払腰は大きく分けてスピード型かパワー型があります。スピード型は遠心力を利用し軽快に、パワー型は自分の体を使い豪快に相手を投げます。

軽量級の選手はスピード型、重量級はパワー型が適しています。払腰は男女、階級を問わず使える技です。

スピードを活かす場合は、踏込みのスピードと腰の回転を使い勢いをつけて投げます。パワーを活かす場合はしっかりと引きつけ胸を相手に合わせて、自分の力をダイレクトに相手に伝えるようにして投げます。

払腰は比較的覚えやすい技で体格も関係なくできます。また払巻込みに変形もでき、特に体の大きな選手には使いやすい技です。

柔道の払腰でもっとも注意が必要な点は引きつけです。引きつけが不十分であればバランスが崩れやすくなり、返し技を受けやすくなります。

また引きつけることはスピード型、パワー型に共通して技を活かすために重要なポイントになります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA