どの競技においても同じことが言えますが、練習をしないと上達はしません。

特に、柔道は練習をすればするほど、上達します。

また、相手を投げたか相手になげられなかったなどと、勝敗が明確にでるので、柔道は上達したかどうか実感しやすいです。

現在、柔道は世界的に有名になり、世界中に競技者がいます。

その影響もあり、ルールが変わったり、世界中の国々から新しい技が作られたりするなど柔道は進化しています。

それに対応するには、技術も進化しています。

そこで今回は、ケンカ四つ組手の時に、多くの柔道選手に使われている跳ね腰のやり方とこつについて説明します。

1. ケンカ四つ組手の跳ね腰のやり方

ケンカ四つ組手の跳ね腰のやり方について説明します。

右組の場合で説明します。

相手とケンカ四つ組手は、カタカナの「ハ」の字の状態にお互いなります。

それを活用します。

相手の釣り手の方に回り、「T」に近い状態にします。

右足、左足と直線上に足を動かして跳ね腰に入ります。

普段の跳ね腰は回転しながらはいりますが、直線的に動くイメージです。

回転しない分、相手を引き出しにくくなりますが、相手を浮かしやすくなるので、相手が浮いているときにコントロールして投げましょう。

2. ケンカ四つ組手の跳ね腰のこつ

ケンカ四つ組手の跳ね腰のこつは、相手と自分のポジションと相手を跳ね上げることです。




ケンカ四つ組手の跳ね腰のこつとして、相手と自分のポジションです。

相四つ組手の場合は、相手と並行的に向かい合っていますが、ケンカ四つ組手の場合は相手とクロスするような状態になります。

それを活用して、直線的な動きで技を掛けることができます。

なので、直線的に跳ね腰に入れる位置に移動することが大切です。

もう1つのケンカ四つ組手の跳ね腰のこつは、相手を跳ね上げることです。

ケンカ四つ組手の跳ね腰は直線的に技に入るので、相手を引き出せなくなる分、跳ね上げやすくなります。

なので、ケンカ四つ組手の跳ね腰に入る際は、相手を引き出すイメージではなく、相手を跳ね上げるのをイメージして投げましょう。

以上のことがケンカ四つ組手の跳ね腰についてです。

ケンカ四つ組手の跳ね腰は、多くの選手に使われている技です。

豪快かつどんな相手でも投げることができるからです。

また、覚えることで応用して違う技に繋げることができます。

なので、何回も乱取り稽古中に挑戦したり、打ち込みで同じ動きを繰り返して覚えていきましょう。

覚えるとスムーズに入れるようになり、相手を投げることができるようになります。

ケンカ四つ組手の跳ね腰を覚えて柔道の上達に繋げましょう。

頑張ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA