柔道の釣込腰(つりこみごし)は、釣り手を効かせ、相手を釣り上げて、腰の回転を使用して投げる技です。

釣込腰のやり方

柔道の釣込腰のやり方は、釣り手を相手の肩に近い襟をとり、引き手は袖を掴みます。釣り手と引き手を効かせて、手首を絞りながら引き込み、相手を前に崩します。

相手の重心を前へ崩し、前のめりになっているところに、背負投とおなじ要領で足を踏み込み、体を回転させて相手を背負うようにします。このとき自分の腰を沈め、相手の重心をさらに前下方向に崩します。

背負投よりも浅く腰を入れ、投げる回転を速くし、相手が乗っている方の腰を支点にして、引き手を効かせて、相手を前方へ回転させて投げます。

釣込腰のコツ

柔道の釣込腰のコツは、腰を支点にして相手を回転するように投げることです。技は背負投に似ていますが、背負投は相手を自分の頭の上から投げますが、釣込腰は自分の脇から投げます。

腰を背負投のように深く入れると釣り上げにくくなり、相手の抵抗も強くなります。腰を浅く入れることで、相手が重心を崩し前へくる力も利用しやすくなります。

また、握力に自信がない方や、釣り上げ方に不安がある方は、釣り手を相手の脇の下に入れて釣り上げる方法があります。




この方法のメリットは釣り上げる力をダイレクトに相手に伝えることができ、襟を掴んでいる場合よりも釣り手が抜けにくいことです。しかし、技にはいる直前に持ち替えなければ、他の技ができなくなるので、素早く持ち替える必要があります。

釣込腰の練習

釣込腰の上達する練習メニューは、相手を釣り上げて、重心を前へ崩す練習をしましょう。相手を斜め前へ釣り上げながら崩しますが、肘の位置で釣り上げ易さが変わります。

肘を相手の胸、もしくは脇の下に差し込むようにすると、釣り手全体を使い相手を釣り上げることができます。また、肘を外に開くように釣り上げるとパワーを活かして豪快に投げることができます。

まずは、自分が釣込みやすい肘の使い方をみつけることから始めてみましょう。

次に釣込腰の上達する練習メニューは自分の腰を支点に相手を回転するように投げることを練習していきましょう。

自分の腰を支点に相手を回転させるために、相手が自分の腰にぶつかることに意識してください。腰に乗せて相手を投げるのですが、乗せすぎると投げにくくなるため、自分の腰が回転する力と釣込んで相手が前へ崩れてくる力を利用しましょう。

また、腰を沈めた姿勢のときに両膝のバネを効かせることでより効果的に投げることができます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA