柔道の袖釣込腰(そでつりこみごし)は、相手の釣り手を釣り上げて相手を背負うような格好で腰に乗せて一気に前へ投げる技です。

袖釣込腰のやり方

柔道の袖釣込腰は釣り手と引き手の作用を逆にして、引き手で相手を釣り上げるようにします。

自分の組手の逆背負投をするようにするため普段かける技の反対の動きをする必要があります。

引き手で相手の釣り手を釣り上げ逆背負投のように体を回転させ、相手を背中と腰に乗せます。この時に両膝を曲げ、相手の腰を自分に密着させ、膝のバネを使って一気に前へ投げます。

他にも、スピードを活かして相手を釣り上げずに、横や前下へ押し込むことや、釣り手で引き手を持ち左右どちらも引き手を持った状態で袖釣込腰をかけるなどバリエーションも豊富にあります。

袖釣込腰のコツ

柔道の袖釣込腰のコツは、相手の釣り手を釣り上げ、相手を万歳させるように体を斜め上へ伸ばすことです。相手を斜め上に伸ばすことで重心を前方へ崩し腰に乗せやすくします。

相手の釣り手を釣り上げるため、力が必要になりますが、相手の釣り手を下げさせるように引き手を下げ、相手が釣り手をあげる瞬間に合わせると効果的に釣り上げることができます。




袖釣込腰の練習

袖釣込腰の上達する練習メニューは、打ち込みにおいては、相手を片足立ちで万歳をするように釣り上げることを意識して打ち込みをしていきましょう。

釣り上げる時は相手の袖口に拳を包むように絞り込みながら持つと、相手の袖口のあそびがなくなり釣込みやすくなります。

袖釣込腰の上達するための練習メニューは左右の両方をできるようにすることをお勧めします。袖釣込腰は背負投に似ている為、相手に背負投をイメージさせながらフェイントとしてかけると効果的になります。

また、相手の釣り手が上手くとれない場合やケンカ四つのときは、自分の釣り手を引き手に持ち替えて両袖の状態にして袖釣込腰かけることもできるので両方できると効果的です。

打ち込みや投込みでは、両袖を持った状態で、踏み込む足の一歩目を背負投にかける動きで浅く足を踏み込みフェイントをかける練習をしながら袖釣込腰かけましょう。

一歩目を外寄りに踏込み体を少し捻ることで袖釣込腰にはいるときに自分の回転の可動域を大きくできるのでよりスピードをつけることも出来るようになります。

袖釣込腰は、スピード感があり投げる形も美しいですが、普段とは作用を逆にするため難易度が高い技です。しかし、しっかりと覚えることでバリエーションも豊富なので技の幅が広がります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA