柔道の後腰(うしろごし)は、返し技のひとつで、相手を抱上げ、お腹を突き出すようにして投げる技です。単純な技ですが難易度が高い技です。抱上げているときはプロレス技のバックドロップのような形になります。

後腰のやり方

柔道の後腰は、相手が背負投や、払腰などを仕掛けてきた時に返し技として仕掛けます。

相手が技をかけようと背中を向けてきたときに、膝を曲げて上体を沈め、相手の後方から相手の膝の裏に自分の膝をあてます。

引き手を相手の袖から腰に回し、抱きかかえるような体勢になりながら、上体を落として、ロックした膝の後方に相手の重心を崩します。

相手が体勢を立て直そうとして、伸びようとした瞬間に、相手の後腰にお腹をあてるように突き出しながら相手を高く抱上げます。

相手の腰を握った手で引き、襟を握った手で押しながら、相手を回転させるように放り投げ、弓なりに反った自分の体の弾みを使って、真下へ投げおろします。

後腰のコツ

柔道の後腰のコツは相手をしっかりと抱き抱えたとき、両膝のバネを効かせて持ち上げます。また、相手の投技を防ぐために、腰を落とし、体を相手に密着させます。

相手を放り投げるときには、お腹をあてるように突き出しますが、抱上げたときの相手の位置では股関節の部分を使うと良い場合もあります。




後腰の練習

後腰の上達する練習メニューは、相手の技を受け止める練習をしていきましょう。後腰は返し技ですが、技の流れを利用して返す技ではなく、相手の技を受け止め流れを止めてから返す技なので受け止める技術が必要になります。

相手の技を受け止める技術とは、相手が技に入る瞬間に自分の重心を崩そうとしますが、逆に相手の重心を崩させることです。

例えば、相手が払腰を仕掛けてくる場合は、相手は前に崩しながら腰に乗せようとしてきます。このときに相手の腰に乗らないように膝を曲げて上体を沈めます。自分の上体が高いと相手に崩されやすくなるので、相手の技の動きに合わせる必要があります。

相手が体さばきで体を回転させてきたときに腰を沈め、また相手の回転を不十分にさせるために自分の引き手を相手の腰にあててから抱きつくようにすると技を受け止めやすくなります。

次に上達する練習メニューは、抱きかかえてから投げる練習をしましょう。相手を投げるイメージとしては支釣込足で投げるようなイメージです。

抱上げて放り投げるときには、相手に回し込んだ手で相手を回転させながら真下に投げますが、相手の背中が畳につくようにコントロールも必要になってきます。

しっかりと相手の技を受け止め、抱上げることができれば、コントロールしながら投げるだけなので順序を踏まえしっかりと練習しましょう。

後腰は、相手の力が弱い場合や、体重が軽い場合はやりやすいので練習では始めのうちは自分よりも体の小さい相手に受けてもらうと習得しやすいと思います。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA