柔道の移腰(うつりごし)は、相手が腰技、特に内股や跳腰などをかけてきたときの返し技のひとつで、俊敏な体さばきがポイントとなる腰技です。

移腰のやり方

柔道の移腰は、相手が腰技を仕掛けてきたときに、自分の引き手を離して相手の脇から背中側に回して、反対側の脇へ巻きつけるようにします。

腰を落とし、膝を曲げて、相手の膝の裏辺りにあてて、相手の膝のバネを効かないように防ぎます。

相手が体勢を立て直そうとする瞬間を利用し、自分が相手の前へくるように足を踏み込み、相手の重心を前に崩しながら、抱上げるようにし自分の腰に移し乗せ、前方向へ投げます。

移腰のコツ

移腰のコツは、抱き上げるときに膝を曲げて姿勢を低くし、相手の技を防ぐと同時に自分の膝のバネの力を溜め、投げるときに膝のバネを効かせて投げます。

相手の技のタイミングに合わせて、相手が腰を回転させてきたときに、自分が腰を捻るようにし、相手を回転不足の状態にして移腰を掛ける方法もあります。

移腰の練習

柔道の移腰の上達する練習メニューは、後腰と同様に相手の技を防ぐ、受け止める練習をしていきましょう。




移腰の練習をする時には、相手に跳腰か内股をかけてもらい練習するとよいでしょう。大腰など相手が帯を掴む腰技は腕を回し込むことが難しいので初歩段階では跳腰や内股がやりやすいです。

移腰の場合は受け止めてから俊敏な体さばきが必要になるので、後腰のようなパワーよりもスピードが重要になります。体さばきは他の技などでも練習している方法でよいです。

次に移腰の上達する練習メニューは、相手の横に立ち釣り手を持ち、引き手を相手の腰に引き手の腕を相手の腰に回した状態から大腰の練習をしましょう。

この練習をすることによって横への体さばきをしながら大腰が出来るようになるのと同時に移腰が上達していきます。

移腰は投げるとき大腰のように相手を投げるので、相手の技を防ぎ体さばきで腰を移せば難しくはありません。

移腰は腰技に対しての返し技であり、瞬間的に相手の動きを止めて素早く俊敏な体さばきで腰を移し乗せて投げます。パワー系の後腰に対してスピード系の移腰と言えます。

組手が上達してくると、大腰のように後ろ帯をつかまれる技に対しても対応し移腰を掛けることができるようになります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA