柔道の出足払い(であしばらい)は、相手の踏み出し足が畳につく瞬間のタイミングを見計らって、相手の足を払って一気に横へ倒す技で、見た目以上に難しい技です。

出足払いのやり方

自然体から、相手を追い込み、相手が下がって足を浮かせたところを見計らいその足を払います。または、相手が踏み込んできたときに足を払います。払うタイミングは、相手の足が畳から離れる瞬間や着く瞬間に狙います。

十分な力で払うためには、胸を張りバランスの良い姿勢を保ちます。このとき、握った釣り手を下方向に引っ張ると、相手の体勢が崩れやすくなります。

出足払いのコツ

柔道の出足払いのコツは払うときに、相手のくるぶしの下辺りに土踏まずをあてることで、自分の足が相手に密着し、技がかかりやすくなります。

相手の重心を横に崩しながら、一気に払いますが、他にも相手の足に引っかけて、片足ケンケンをしながら追い込むようにかける方法もあります。

出足払いの練習

柔道の出足払いが上達する練習メニューは、移動打込みでタイミングをとりながら練習していきましょう。移動しながら相手の足の動きを把握できるように練習しましょう。

相手と組合いながら移動すると、重心が移る瞬間の微妙な動きの変化に気づくことができるようになるので、初歩段階では相手と呼吸を合わせてリズムをとることで重心移動を意識していきましょう。




また出足払いは、相手のバランスを崩すための連絡技としても使えるので、かけたときの自分のバランスを意識して練習しましょう。足を払ったあとはバランスを崩しやすくなるので胸を張り、引き手と釣り手でバランスを保つようにしましょう。

次に出足払いの上達する練習メニューは、一人での移動打込みをしていきましょう。一人で移動打込みをする際に意識することは、自分の姿勢を特に意識していきましょう。

移動しながら左右交互に足払いをしていきます。胸をはり姿勢を保ちながら、足払いをし体が開かないことようにも気を付けましょう。

足を払った時に体が開いてしまう(横を向いてしまう)と、バランスが崩れ足を払う力も逃げてしまうので気を付けましょう。

出足払いは、タイミングが大切で、経験が必要になる見た目以上に難しい技です。足さばきが器用な選手は綺麗に一本を取ることもできる技です。

コツでも述べたように出足払いは、一本をとる技だけでなく、相手のバランスを崩すための連絡技にも多く使われます。

一本をとる出足払いは習得に難しいですが、連絡技としては初心者でも十分に習得し使える技ですので技の幅を広げるためにも習得をおすすめします。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA