柔道の跳腰返し(はねごしがえし)は、相手に跳腰を仕掛けられたときに、逆に足を刈って倒す、跳腰の返し技です。

跳腰返しのやり方

柔道の跳腰返しのやり方は、相手が跳腰を仕掛けてきたときに、背後から自分の足をかけて、逆に相手を横方向へ払い倒します。

相手が自分の重心を十分に崩せないまま跳腰を仕掛けてきたとき、腰に乗せられるのを踏ん張って阻止し、相手の背中側でお腹を出し反りかえる様にして、重心を横方向へ傾けます。

相手が背中側へ重心を崩したとき、後ろから相手の支点となる足を払い倒します。刈り足は、相手のすね側面にあて、外側から内側へ向かって蹴りだすように払います。

跳腰返しのコツ

跳腰返しのコツは下半身を安定させ、瞬時にタイミングを判断することです。跳腰はスピードがある技なので返すには瞬発力が必要です。

コツというより注意点になりますが、足を払うときに相手の軸足を外側から払いますが、内側から相手の軸足を払うと反則技になるので十分注意しましょう。

跳腰返しの練習

跳腰返しの上達する練習メニューは、小外刈や小外掛を同時進行で練習していきましょう。跳腰返しの足払いの仕方は小外刈や小外掛のあしの使い方と似ています。




跳腰返しは相手が跳腰を仕掛けてきたとき(相手が背中を向けた状態)に足をかけますが、原理としては小外刈とほとんど変わりません。

小外刈や小外掛のように相手の外側から内側に向かって足を払うので跳腰返しを習得する前に小外刈か小外掛を習得していると、比較的簡単に習得することができると思います。

次に跳腰返しの上達する練習メニューは、払腰返や内股返のように、相手の技を受け止めるもしくは、相手の技が不十分なときに仕掛ける技ですので、相手の腰に乗せられる前に踏ん張れるようにしていきましょう。

相手の技を踏ん張るにはいくつか方法がありますが、跳腰の場合は、自分が腰を相手よりも少し落とすだけで堪えることができます。打ち込みを受けているときにタイミングを見計らう練習をしていくと良いでしょう。

跳腰返しは返し技のうちのひとつで跳腰に対してしか使えませんが、跳腰返しの足の払い方は小外掛や小外刈と同じ要領ですので前述したように同時に練習し習得していくと良いでしょう。

また、腰技に対する堪え方、反応の仕方を習得することで、タイミングがあわず返し技として投げることができなくとも、相手の技をまともに受けて投げられてしまう確率を下げることができるので習得すると良いでしょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA