柔道の払腰返し(はらいごしかえし)は、相手が払腰を仕掛けてきた時に、相手の軸足を払って落とす技です。自ら技を仕掛けるのではなく相手の技を返す返り討ちの技です。

払腰返しのやり方とコツ

柔道の払腰返しのやり方は、相手が払腰をかけてきた時に相手が自分の重心を十分に崩せてないときにかけることが出来ます。

相手が払腰をかけるが、自分の重心を崩せないまま足を払いにきた時に、釣り手で相手のあごを押す様にし、引き手は相手を引きつけ重心を後ろへ移します。

相手を後方に崩しながら、払腰の軸足を後ろから払って下に落とす様に倒します。

相手は重心が後ろへ崩されると仰け反る様になりさらに軸足だけで立っている状態になります。ここで足を払うことで払腰返しが出来ます。

柔道の払腰返しのコツは相手が払腰をかけたとき重心を崩されずに相手の重心を崩すことです。

払腰は相手を崩して軸足一本で立ち足を払います。この時が重心を崩すポイントとなります。腰を落とし相手が引きつけてくるのを利用し後ろへ重心を移します。

また、相手の足を払う時に体さばきで体を少し捻ると払腰返しがやりやすくなります。

払腰返しの練習

払腰返しの上達するための練習メニューは、支釣込足の練習です。




払腰返しの形は支釣込足とほぼ同じです。違いは相手の後ろからかけることと、払腰をかけられた時の対処法、反撃として使うことです。払腰返しの練習は支釣込足の練習と並行して行うことができます。

支釣込足で相手を投げることが出来るようになれば、払腰返しはやりやすくなります。

その次に、払腰返しが上達するために必要な練習メニューは払腰をかけられるときに堪える、重心を崩させないことを練習します。

払腰を堪えるのに有効な手段は腰を落とすことです。腰を落とすことによって相手は前へ崩すことが難しくなります。

しかし、腰を落としてばかりでいると、自分が技をかけづらくなり、また相手からの大外刈りや大内刈りなど後ろへの技に弱くなります。

そこで、自然体の状態で技をかけられた時に耐えるように腰を落とすようにします。

払腰をかける時相手は斜め前へ崩し体を回転させてきます。この瞬間が腰を落とし堪えるタイミングになります。

打ち込みを受ける際にこのタイミングを覚えていくと良いでしょう。

また、コツとして相手が引きつけてきた時に、相手の引き手側に少し回り込むように重心移動すると相手の引きつけが不十分な状態になりやすいので、相手に引きつけて崩されない様に重心移動する練習をしてみましょう。

払腰返しは投技67本のうち相手の技を利用して投げる返し技の8本のひとつです。返し技は自分からかけることは出来ませんが、相手の力を利用し逆転できる技です。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA