柔道の払釣込足(はらいつりこみあし)は、相手を釣り手で釣込んで足を払い投げる技です。支釣込足に似ていますが、支釣込足は両手を利かせ相手を回転させながら投げますが、払釣込足は釣り手だけを利かせ引き手は技の決めに引き落とし投げます。

払釣込足のやり方

柔道の払釣込足は相手を釣込んで崩し、足を払って投げる技です。

まず、相手を押し込み相手が反発して前へ押し返してくるときに踏み込んできた足へかけます。相手が十分に踏み込んでこない場合は自分で引きつけます。

相手が足を踏込み重心移動するタイミングで相手を前隅に崩し、重心のかかった足(右足)の外くるぶしの辺りを(左足で)外側から払います。

払ったあと、自分は体を開いて体の前へねじ伏せる様に投げます。

払釣込足のコツ

柔道の払釣込足のポイントは、相手をしっかりと引きつけ釣り手で釣込むこと。相手の引き込みが不十分であると釣り手の効果が落ちてくるので注意してください。

払うとき自分の足を遠くへ伸ばす様にします。足をしっかり伸ばせなければ払う足に力が伝わらないので、足を遠くへ伸ばす様にして力を伝えます。そのためにお腹を突き出す様にします。

払釣込足の練習

柔道の払釣込足の上達する練習メニューは、釣り手の釣込み方から練習していきます。釣り手が使えない状態だと払っても相手にかわされやすくなります。




釣込む練習として、釣り手だけを持った状態で練習します。まずは釣り手で相手を押し込み相手が押し返してくる時に合わせて、押し込んだ釣り手を釣込み相手を引き込みます。

この時に引き手を持たないのは釣り手の釣込み方を覚える為です。払釣込足は釣込むことが前提ですから、釣り手だけでも相手をコントロール出来るようにします。

次に足の払い方の練習をしていきます。コツとしてお腹を突き出す様にすると良いです。足を払うときにお腹を突き出す様にすると相手に近づき距離をつめることができます。

相手との距離をつめることができれば、払う足を遠くまで伸ばすことができ、相手を払いきることができます。

払釣込足だけではなく、足払い全般の上達する練習メニューとしてサッカーのパスが効果的です。

サッカーのパスをする時のインサイドキックは足払いによく似ています。足払いは土踏まずの辺りで相手の足を払うと良いので、土踏まずを使うことを意識してください。

また、足払いの時は足の裏を丸めるイメージで払うと良いです。足の裏を丸めることによって相手の足にフィットすることができるので足払いが効果的になります。

柔道の払釣込足は、左右どちらでも展開できる技なので取得できると技の幅が広がり、また支釣込足も簡単に覚えることができます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA