柔道において、内股をかけられる頻度は高いといえます。

自然とその返し技をかける機会も多いといえます。

内股透(うちまたすかし)は、相手の内股をかわして(すかして)逆に内股や体落としで反撃する技です。

瞬時に相手の跳ね上げ足をかわす必要があるので、かなりの反射スピードが求められます。

内股返しは、同じように相手の内股に対する返し技ですが、相手に跳ね上げ足をかわすのではなく、相手をまたいで覆いかぶさるようにして投げるので、体のバランスがよく、かつ手足の長い人に向いている技です。

内股返しのやり方とコツは、相手をおおきくまたぐことと、引き手と釣り手の使い方です。

1.内股返しをかけるチャンス

ケンカ四つで組んでいる状態から相手が内股をかけてきたとき、相手が足を振り上げた瞬間、股を開いて、相手をまたぐように足を大きく上げます。

相手にしっかり崩されて内股に入られると、これはできません。

相手の内股が、柔道の最重要ポイントである崩しがしっかりしていない場合に、内股返しをかけることが可能といえます。

また自分が相手に崩されなければ、内股返しをかけるチャンスがあるということです。




柔道では崩されなければ負けることはありません。

崩されないということは、柔道の強さと上達のテーマとなります。

2.相手をまたぐように足を上げる

相手をまたぐような動作で、相手の内股を空振りさせます。

そして引き手と釣り手を使って相手を回して投げます。

内股をかけている相手を大きくまたぐには、相手より背が高い(足が長い)ほうが有利です。

また股関節の可動域が大きいこと、柔軟性が高いことが要求されます。

柔道はパワー化が進み、トップ選手はまるでボディビルダーのような体をしていますが、なによりも大事なのは柔(やわら)の文字通り柔軟性です。

普段の練習メニューから柔軟性を最重要課題ととらえ、力まず脱力することやストレッチやウエイトトレーニングは軽い負荷で完全可動域のトレーニングを行うなど、体の柔軟性を増す運動に取り組む必要があります。

そうすることで柔道の上達を促すことになります。

3.回して投げる

内股を空振った相手に、釣り手と引き手で力を加え、相手を投げます。

釣り手は押すように、引き手は引いて、相手を空振った方向にそのまま回すような動きで相手を投げます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA