初心者にとって内股とはだれもがしたくなる技ですよね。しかし内股というのは掛けやすいですが投げにくい技でもあります。

では初心者が内股を上達させるにはどうすればいいのでしょうか。

1.まずは打ち込みから

初心者が技を上達させるためにはやはり打ち込みをしっかりとやるしかありません。まず内股の打ち込みは払い腰の打ち込みとは違って相手の真ん中に入って掛けます。

内股はまず、相手の両足の頂点から三角形をつくって頂点を結んだところに軸足をついて技に入ります。まずはひとつずつ手順をおさらいしましょう。

まず組んだ時に引手は柔道着をあまさないように相手の腕の形が出るくらいにしっかり握ります。そして一歩目を相手の両足の真ん中よりすこし内側にだします。

それと同時に引手を引き出します。この時に引手は手首を返しながらまっすぐに引き出してその時に顔を手についている腕時計を見るような感じで顔を前に向けます。

そしたら軸足を突きに行き、ついたと同時に軸足に重心を軸足に一気に載せます。そしたらもとの体勢に戻りまたこの動きを繰り返して十回目に投げます。

この時に引き出しながら前にどんどん進んでくるくらいに引き出しましょう。また、目線は前を向いたときに自分のまえのやや斜め上を向くようにしましょう。




慣れてきたらフルスピードで打ち込みをしたりすべて持ち上げる持ち上げ打ち込みをしたりいろいろ工夫をしてみましょう。柔道上達において打ち込みは欠かせません。

とくに初心者は打ち込みをしっかりしないと形が崩れてしまいいい内股が出来なくなってしまいます。

2.移動打ち込みでタイミングをつかもう

打ち込みになれていたら移動打ち込みをしましょう。移動打ち込みとは相手を引き出しながら二歩下がり三歩目で内股を掛けて相手を持ち上げて道場の端まで来たら投げるというものです。

これは初めのうちは難しいですが、慣れてくればしっかりできるようになります。この練習の意味は技にはいるタイミングをつかむということとしっかりした形で投げるということです。

この時に持ち上げた形と投げた時の音や形、またタイミングをしっかりと意識しましょう。

3.最後に

柔道において打ち込みは基本です。内股は投げるのが、難しい技ですから投げに至るまでのプロセスをしっかり理解して打ち込みでしっかりと体に動きを叩き込みましょう。

初心者ならなおさらです。また打ち込みは下手な打ち込みを何千本やっても意味がありません。

しっかりと気持ちの入った打ち込みをしましょう。内股の打ち込みをマスターすれば初心者でも勝てるようになるはずです。

しっかりと練習をして柔道上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA