どの競技においても同じことが言えますが、練習をしないと上達はしません。

特に、柔道は練習をすればするほど、上達します。

また、相手を投げたか相手になげられなかったなどと、勝敗が明確にでるので、柔道は上達したかどうか実感しやすいです。

現在、柔道は世界的に有名になり、世界中に競技者がいます。

その影響もあり、ルールが変わったり、世界中の国々から新しい技が作られたりするなど柔道は進化しています。

それに対応するには、技術も進化しています。

そこで今回は、ケンカ四つ組手という、組みにくい状態の中での、釣り手を外側から組んだ場合の内股のやり方とこつについて説明します。

1. ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股のやり方

ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股のやり方について説明します。

自分が右組、相手が左組で説明します。

今回は、左組の相手が釣り手を横から背中をもっているときの状況とします。

腰を普段の姿勢より落として、釣り手である、右手で相手の釣り手である左腕を外側から抱え込むようにして右脇で相手の左腕を挟みつつ、相手の左襟を握ります。

相手の左腕から相手に自分の体重をかけます

引き手である、左腕は、相手と組み合っている状態で必ず、相手と自分の真ん中より、自分側に引き付けておきます。

自分の右足と相手の両足で二等辺三角形を作るように、相手の真ん中かつ手前に右足を移動させます。

左足を相手の左足の外側に移動させ、引き手を自分の左腰あたりにくっつけつつ、自分の右足の後ろ全体で相手の左内股を蹴り上げます。

上半身は、左に回転させることで、相手を投げることができます。




2. ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股のこつ

ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股こつは、釣り手の肘の使い方と、引き手の位置です。

ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股のこつとして、釣り手の使い方が重要です。

ケンカ四つ組手で嫌がられるのが、釣り手です。

相手の釣り手によって自分の動きを抑えられるからです。

そこで、今回の内股は、組の相手が釣り手を横から背中をもっているときの状況で、腰を普段の姿勢より落として、釣り手である、右手で相手の釣り手である左腕を外側から抱え込むようにして右脇で相手の左腕を挟みつつ、相手の左襟を握ることで、相手の釣り手の効力を無くし、内股にはいれるようにできるのです。

もう1つは、引き手の位置です。

ケンカ四つ組手の引き手は、引っ張り合いになることが多いです。

それは、相手と自分の真ん中より、自分の方にある方が、技を防ぐことができつつ、相手を投げることができます。

これは、パワーも重要ですが、柔道着の握り方やポジションの問題があるので、自分の感覚で、見つけなければなりません。

常に、自分の方に引き手を引き付けることを意識しましょう。

以上のことがケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股についてです。

簡単にできない技術なので、何回も乱取り稽古中に挑戦したり、打ち込みで同じ動きを繰り返して覚えていきましょう。

覚えるとスムーズに入れるようになり、相手を投げることができる効果的な技術になります。

ケンカ四つ組手の釣り手を外側から組んだ場合の内股を覚えて柔道の上達に繋げましょう。

頑張ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA