柔道の小外掛け(こそとがけ)は、相手を追い込み、体の後ろ側に足をかけて倒す、俊敏な足運びが必要な技です。

小外掛けのやり方

柔道の小外掛けのやり方は、相手を追い込み、後退させたあと、再び引いて、相手が踏み出そうとする瞬間を狙ってかけます。

追い込まれた相手が、押し返してくるときに、少し進み間合いを詰めて相手が踏み出そうとする足のかかと辺りに運びます。

かけた足の方向に相手を引き出すように引き、もう片方の手で相手の肩から胸にかけて釣り上げるようにしながら、相手の重心を崩しつつ投げます。

このとき、自分の両手を効かせて、体重が完全に乗っている相手の足に自分の前の足裏をかけ、支えている足の膝のバネを使って斜め後ろに投げます。

小外掛けのコツ

相手の足をかけ、支え足のみになったときに、大内刈などをうけやすくなるので、俊敏に足を運び、両手で相手の動きをコントロールしましょう。

相手の出足の重心移動の瞬間を狙ってフェイントとしてかけると効果的です。

小外掛けの練習

小外掛けの上達する練習メニューは、移動打ち込みで足さばきの練習をしていきましょう。足さばきで注意する点は、相手に踏み込む足を深く入り、足をかけるときに相手に自分の体を預けるようにするとかかりやすいです。




また、釣り手と引き手が効いていないと相手の重心を崩せずに相手に大内刈や内股などカウンターを受けてしまうので釣り手と引き手をしっかりと使いましょう。

次に小外掛けの上達する練習メニューは、投げ込みを工夫して練習をしていきましょう。相手が止まっている状態で、相手を崩し投げるのが一般的な投げ込みですが、小外掛けの場合は、足さばきを意識して練習していきましょう。

相手を2,3歩追い込んだら、相手に反発してもらい相手が押し返してくる形を決めて小外掛けの投げ込みをしましょう。

この練習によって、小外掛けにはいる足運びや、相手の重心移動のタイミングをとる練習ができるので特に相手の重心移動を意識しながら練習をしていきましょう。

小外掛けは小外刈に似ていますが、違いは、小外刈は相手の足を外側から内側に払い投げます。小外掛けは相手の足に自分の足を外側からかけて倒すという違いがあります。

柔道の小外刈は、足を払う技術が必要ですが、小外掛けは、足をかけて体を相手に預けて倒すので足さばきがしっかりとできれば体を使って倒すことができます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA