柔道の小内刈り(こうちがり)は、素早い動きで相手のかかとの辺りを掬うように刈って倒す基本の足技のひとつです。

小内刈りのやり方

柔道の小内刈りのやり方は、大きく分けて2つのパターンがあります。踏み出してかける場合と、引き出してかける場合があります。

踏み出してかける場合は、釣り手の手首を返して相手のあごを押し上げると同時に、脇を締め引き手と付けるように絞り、相手の上半身を崩し、相手のかかとを掬うように刈り投げます。

引き出して投げる場合は、相手が前へ出てくるタイミングに合わせて、釣り手と引き手を絞り、相手の上半身を前に引き出し重心を崩して、相手の踏み出した足がたたみにつく瞬間をねらい、足を掬うように刈り投げます。

小内刈りのコツ

相手の足を刈るときは、土踏まずの部分で、相手のかかとを指先方向に刈ると投げやすくなります。

足を刈る瞬間に自分の体を横に開き肩で、相手の胸にタックルをするようにかけると自分の体重を活かしパワフルに小内刈りをかける方法もあります。

押し込んでかける場合はケンケンで追い込んで投げることもできるので刈るときにバランスが崩れないように注意しましょう。




小内刈りの練習

柔道の小内刈りの上達する練習メニューは、踏み出してかける場合は、釣り手と引き手を一本に絞り込むようにして小内刈りをかける練習をしましょう。

釣り手と引き手を付けるように絞り込むことで相手の体の開きを抑え、重心を崩しやすくなります。しっかりと絞り込みますが釣り手は相手のあごを押して上を向かせるようにし、引き手は引きつけることで足を刈る威力が増します。

柔道の小内刈りの上達する練習メニューの、引き出す場合は、足のさばき方に注意して練習しましょう。引き出す小内刈りは自分が横を向くように体を開きながらかけると効果的になります。

自然体で組み後退しながら、軸足を刈り足の後ろに回し、引き手でしっかりと相手を引き出しながら体を横へ向けて足を掬うように刈ります。

このときの釣り手は、引き手に付けるように斜め下へ引き落とす方法と、鎖骨の辺りもしくは、あごを押すようにする方法があります。

柔道の小内刈りは、足技の中で基本となる技で初心者でも習得しやすい技であるといえます。しかし、釣り手と引き手の使い方や、押し込む方法、引き出す方法でバリエーションが豊富にあります。

また、小内刈りは連絡技としても効果的で、相手との距離を測ることや、捨身小内や小内巻込といった相手を投げる威力のあるものもあります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA