大外車(おおそとぐるま)は、大外刈りに似ている技で相手を後ろに崩し、両足を刈って倒す技です。また両足を刈るので豪快な技ですが相手は頭を打つ危険もある技です。

大外車のやり方

柔道の大外車は、大外刈りにとても似ています。違いは片足を刈るか、両足を刈るのかの違いです。

組手は、相手を崩しやすい様に釣り手は相手の鎖骨もしくは耳の下あたりの襟、引き手は上腕部から肘の下の辺りを握ります。

相手を引き手側に引いて崩し、軸足となる左足を相手の横へ踏み込みます。この時相手がを右斜め隅へ崩しますが、引き手は自分の胸の辺りに引きつけ釣り手で相手の顎をあげさせるように釣り上げます。

相手を崩し軸足を踏み込んだら、刈り足を相手の腰の下から伸ばし入れて、両足を刈り投げます。

大外車の練習

柔道の大外車の練習をする前に注意点を2つ。

注意することは、練習相手は受け身がしっかり出来る中級者以上の人と練習してください。大外車は豪快で危険であるので初心者が練習相手では、両者が怪我をする可能性が高いので注意してください。

次に、大外刈りが出来ない人は大外刈りを出来るようになってから練習してください。大外刈りが出来ないままだと、投げる時に怪我をします。特に軸足の怪我が危惧されるので注意してください。

上の2つを踏まえて上達する練習メニューを紹介します。




柔道の大外車の練習メニューとして大外刈りとほぼ変わりはありません。投げる最後の形が違うだけなので、打ち込みは大外刈りと同じです。

ですから、大外車を上達する為には投込みの練習メニューで行うことになります。投込みの時にはマットを使うなど安全に配慮してください。

大外車は両足を刈るので大外刈りよりも踏み込む軸足を半歩分、相手から離れた方が上手に出来ます。投げる時に少し離れていると遠心力を利用し投げやすくなります。

大外車は真後ろに刈り倒すよりも両足を刈ったとき釣り手で相手をのけぞらせる様にして、引き手で引いて遠心力を利用し回転させる様に投げます。

試合や乱取りの実践では、大外車をかけることを意識するよりは大外刈りをかけた際に引きつけが不十分などで相手が逃れようとした時に大外車に変形して投げる形が多いと思います。

ですから、投込みの時には受に軽く逃れてもらい追い込んで大外車で投げる練習が良いでしょう。

大外刈りを得意技としている人は大外車を習得すれば大外刈りからの連絡技にもなるので効果的に使うことができます。

最後に、何度も述べてきましたが大外車は豪快であるが上に危険を伴う技です。練習するには初心者にはお勧めできません。しかし柔道が上達するには技の幅を広げることも大切であるので、まずは大外刈りから一歩一歩順序を踏まえて練習していきましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA