柔道で大外刈りが決まるとこれほど痛快なことはありません。

そして大外刈りは返されやすいこわい技でもあります。

だから思い切りの良さと、上半身で崩して下半身で苅るということが大外刈りのやり方とコツになります。

1.基本姿勢

柔道の全ての技に共通しますが、大外刈りもいかに相手をうまく崩せるかどうかにかかっています。

大外刈りは返されやすい技だけに特にそうです。

釣手は釣り上げ、引き手は下に引いて、相手の重心が刈る足の踵にくるように崩します。

自分の軸足は(踏み込み足)は、思い切り良く踏み込んで、刈り足は爪先をピンと伸ばし相手の脚の後の外股を刈ります。

練習メニューとして相手の上半身を開かせ崩すこと、下半身の動きを特に意識して研究、練習して柔道の上達を目指します。

1.崩し方

引き手を引き下げ、釣り手を上に突き上げ、相手の身体をくの字にし、刈る足の踵に重心がくるように崩します。

2.踏み込み足

相手を後方に投げるために、踏み込み足を相手の足と平行に踏み込みます。

このとき足先が外側を向かないように注意します。

踏み込んだときは小指でなく親指に力が加わり、膝がやや内側に向くようにします。

3.刈り足

刈り足は、踵で刈るのではなく、爪先に力を入れて、爪先で刈ります。

そのための練習メニューとして、振り上げたとき、刈り足の爪先をピンと伸ばすと上達しやすいです。

4.刈る場所

苅る場所は、相手の膝の真裏からふくらはぎの最も広い部分の間を刈ります

2.バリエーション

1.上背が高い相手に対する大外刈り

重心の移動は頭の位置に関連しています。




例えば、頭が前に来れば前方方向の技に弱く、頭が後ろに行けば後方向の技に弱いです。

だから上背の高い相手と組むときは顎を突き上げて崩すのが有効です。

自然態で組んで、軸足を大きく踏み込んで、刈り足をつま先を伸ばして振り上げ、釣り手で顎を突き上げて刈ります。

2.相手が出てくるところに大外刈り

大外刈りは基本的に相手を押していく技ですが、この大外刈りは相手が押して出てくるところを捉えて投げます。

相手が出てくるとき、自分も下がるふりをして、一瞬、逆にすばやく踏み込み、前に踏み込もうとする相手と入れ違いになるように投げます。

3.喧嘩四つの相手に対する大外刈り

相四つと喧嘩四つでは組み方も間合いも違うので、相四つの大外刈りをそのままでは使いにくいです。

喧嘩四つでは間合いが遠く、相手の体が開いているので真後ろに倒すことは難しいです。

そこで思い切って真っ直ぐ大外刈りに入って、そこから刈った足に力を入れながら軸足を引きつけ投げます。

3.連絡技

1.大内刈りから大外刈り

大外刈りは相手が下がるところに適した技なので、大内刈りに軽く入って、相手が下がるところに思い切り踏み込んで大外刈りをかけます。

2.大外刈りから支え釣り込み足

大外刈りから大外刈りの連絡技が後方へ追い込むのに対し、大外刈りから支え釣り込み足への連絡は後ろに追い込むと見せかけ、逆に前方に投げる前後の揺さぶりです。

思い切り釣り手をきかし大外刈りをかけると、相手は前方に重心を寄せてきます。

そこで支え釣り込み足に変化し投げます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA