いよいよ柔道の試合で内股を使ってみましょう。試合で内股を掛けることは難しいですがしっかりイメージを作っておけば投げることが出来るのでどうすれば柔道の試合で投げれるのかを考えていきましょう。

1.試合で注意すること

試合で最も怖いことは自分が技を掛けたのに返されることです。特に内股は片足になる技なので返しには気を付けなければなりません。

特に内股返しは自分が技に入って足を掛けたのを透かされて相手に技に入られてしまうのでかなり簡単に投げられてしまいます。透かされないためには相手に避けるすきを与えないことが大切です。

そこで相手を崩して相手の動きを封じるかタイミングをしっかりつかんで相手を一気に投げるのが大切です。もしくは透かしてきた相手に合わせて内また透かし返しをしてみるのもいいと思います。

また投げ切れずにつぶされてしまうと寝技で不利になってしまいます。ですから掛けたら投げ切るということが大切ですし投げ切れない場合はほかの技に移行するなどしてとにかく止まらないようにしましょう。

2.内股で追い詰めよう

柔道の試合で内股を掛けて本当に投げれるときは一瞬で投げれますが必ず毎回一瞬で投げれるのかと言ったらそうではありません。その時に投げれなかったからと言ってすぐにやめてしまってはそこまで持ってきたのが無駄になってしまいます。




試合で技に完璧に入れるチャンスはほんとに数回しかないのでそこで決めなければならないのです。ではどうするのかというとケンケンをして相手を前に前に会い詰めるのです。

自分も片足になっていますが相手も片足です。しかも自分は投げる方向につま先が向いていますが相手は違うはずです。

ということは自分が圧倒的に有利ですし相手は引き出されている間にバランスを崩していき最後には投げられてしまうのです。
内股は粘って投げれる技です。相手の足を少しでも浮かせたならば最後まで諦めずにかけ続けましょう。

それが上達のカギだと思います。

3.内股をかけられたらどうするのか

内股を掛けられたときに透かしたり技を返したりするのは相当上達していないとできないと思います。ではどうしたらいいのかを考えてみましょう。

まず掛けられた足は絶対にあげてはいけません。足を上げてしまったらなげてくださいと言っているようなものです。

そして脇をしめるということも有効です。脇が開いてしまうと力も入りにくいので脇をしめて重心を低く持っていきましょう。

そしてとっておきなのが相手の背中を押して引手を切るという子やり方です。これはケンカ四つの時に特に有効でまで投げられません。

4.最後に

試合で内股を掛けるということはとても難しいですがものにすれば大きな武器になります。しっかりと練習をして身に着けて上達を目指しましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA