どの競技においても同じことが言えますが、練習をしないと上達はしません。

特に、柔道は練習をすればするほど、上達します。

また、相手を投げたか相手になげられなかったなどと、勝敗が明確にでるので、柔道は上達したかどうか実感しやすいです。

現在、柔道は世界的に有名になり、世界中に競技者がいます。

その影響もあり、ルールが変わったり、世界中の国々から新しい技が作られたりするなど柔道は進化しています。

それに対応するには、技術も進化しています。

崩しとは、技に入る前に相手のバランスを崩すことです。

柔道の技をかけるには、崩し、造り、掛けが重要と言われています。

そこで今回は、相四組手の小内刈りのやり方とこつについて説明します。

1. 相四組手の小内刈りのやり方

相四組手の小内刈りやり方について説明します。

一歩目に右足を踏み込みます。同時に、釣り手で相手の顎を突き上げ、引き手は相手の腕を内側へ絞り込むように固定します。

二歩目に左足を右足の後ろに踏み込み、自分の右足で相手の右足を外側へ刈ります。

2. 相四組手の小内刈りのこつ

相四組手の小内刈りのコツは、崩し、足の刈り方、投げた後のきめが重要です。

まず、崩しの説明をします。




釣り手で相手の顎を突き上げる際は、自分の右ひじを相手のみぞおちに当てる意識で行います。相手の顎を上げることによって、体勢が後ろに崩れます。
引き手の絞り込む動作は相手が体を開かないようにする意味があります。どっちかが不十分でも技は掛かりにくいので意識して行うことが大切です。

次に、足の刈り方を説明します。

小内の際は、足を刈ると考えるより足を払うと考えた方がいいです。
相手の右足先の方向に、自分の足を畳に滑らせるようにします。
自分の土踏まずを相手の踵に当てるように払い、払うと同時に先ほどの崩しの動作を同時に行います。

最後に投げた後の決めを説明します。

小内刈りだけではありませんが、投げた後は決めが大切になってきます。
決めを確実にすることによって、判定に大きな差が出るので意識して行うようにします。小内刈りの決めは、倒した相手の上に自分の体をあびせるようにします。この動作によって、寝技にも移行がしやすくなります。

まとめると、釣り手で顎を突き上げ、引き手は絞り込むように固定する。足は、刈るのではなく払うように意識して、確実にきめていくとなります。

簡単にできない技術なので、何回も乱取り稽古中に挑戦したり、打ち込みで同じ動きを繰り返して覚えていきましょう。

覚えるとスムーズに入れるようになり、相手を投げることができる効果的な技術になります。

以上のことが相四組手の小内刈りのやり方とこつについてです。

小内刈りのやり方を覚えて柔道の上達に繋げましょう。

頑張ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA