柔道の小内刈りとは自分の足の内側で、相手の足の内側を刈る足技である。

考え方としては、体重のかかっている一方の足を内側から刈って倒します。

方法としては、自分が前に出ていって、相手が下がるところに足をかけて倒す方法と、自分が下がって相手が出で来る足を刈って倒す方法があります。

大内刈りや内股、背負い投げなどの連絡技として使われることも多い技です。

技がかかる姿を見ていると、重心をかけている足がポンと刈られて、倒れてしまうように見えます。

しかし、うまく掛けるためには、腕の使い方や腰の使い方などを良く練習しておく必要があります。

柔道の上達のためにも、小外刈りを確実に身に付けましょう。

1.小外刈りの掛け方

柔道の小内刈りは、一見簡単に見えますが、力任せにかけても、決まらないことが多いです。

特に、小外刈りに行こうとしたとき、刈る事ばかり意識が行ってしまい、腰が入らず刈り切れないという事が良くあります。

まず、相手を確実に崩すためには、足を刈る場合、釣り手と引手は内側に絞り込みながら、釣り手で顎を突き上げるように崩します。

下半身では、土踏まずと膝を梃子のように使い、相手の足を挟み込み、大腿骨を視点にして、いったん外に開かせてから手前に引くようなイメージで刈るといいようです。

1)小外刈りの打ち込みとコツ

小内刈りを掛けるには、タイミングや相手の重心の状況を知るためには、ひとりだけ形のみを練習しても習得できるものではありません。




最初は、形を頭に入れたとしても、次は、実際に相手を使って、繰り返し打ち込みを行って、技の出すタイミングを体で覚えるようにしましょう。

また、足の刈り方も、足だけで刈るのではないところは、実際に打ち込みをしながら、技を相手にかけてみて習得しましょう。

技をかける起点ともなる打ち込みを、しっかりやることは大事です。

繰り返し自分のものにすれば、総合的に柔道の上達も図れます。

ただ、柔道は打ち込みだけで成り立っているわけではないので、投げ込みも大事です。

小内刈りも打ち込みから投げ込みまでを十分に練習して、相手との試合の中でも自然に技が出せるレベルになって、本当に身につくものと思われます。

上手く掛けるコツとしては、軸足を外に踏み出し、相手の掛ける足を体の中心に持ってくることです。

そこで、引手を自分の内側に絞り込み、釣り手は相手の刈る足の方向に突き上げるようにすることです。

そこで、相手の刈る足を土踏まずと脛を使って挟み込み、足をばずされにくくなります。

次に挟み込んだ足を大腿骨を支点にして、外に刈るようにすると、うまくかかります。

相手を上半身の動きで崩し、下半身を絡みつかせて逃がさないようにして、刈りこむイメージでしょうか。

実際に、イメージを作ったら、形を頭と体に叩き込み、あとは相手を使ってタイミング等をものにしていけば、上達の道が図れますよ。

 






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA