燕返しは、相手が足払いをかけてきたところを、相手に足を払われる寸前にそれをかわして、逆に足払いをかけ返すという技です。

足払いを失敗した勢いにさらに力を加えることで、相手は大きく崩れ、かわされた悔しさを含め、相手はしてやられた感、こちらはしてやった感が強い技です。

燕返しで一本となることもありますが、たとえそこまで決まらなくても、すかさず連絡し攻め続け、後の一本勝ちにつなぎたいものです。

1.足をすばやくかわす

燕返しのやり方とコツは、相手の足払いを反射的に察知し、反射的に動いて返すということです。

組み合って動いているときに相手が足払いをかけてきて、それを足を払われる寸前に相手の足をかわすわけですが、相手の足をみていて「足払いがきた」と始動していては間に合いません。

また足払いだけに集中している自分は相手にとって隙だらけのおいしい相手です。

実際は何も考えず自然の柔道の攻防の流れの中で、相手の体、釣り手、引き手の動きで、相手の足払いを察知してそれに応じます。

そしてかわすときは、おおきく動かさず、できるだけ小さな動きで、具体的には膝を動かさずに、膝から下だけを反射的に動かしてかわします。

2.足を払う

足払いをかわされ、軽く崩れている相手に対して、足払いを出して、足を送り、大きく崩し、引き手と釣り手を利かせて投げます。

膝を動かさず、膝から下だけで反射的にかわした足を、再び反射的に小さく鋭く動かして返します。

3.釣り手と引き手はハンドルのように

左足で払う場合は、左腕を引き下げて、右腕は釣り上げて、相手が左足に体重がかかるようにし、それを払います。




このときの釣り手と引き手の動きは、大きな車のハンドルを回すような動きをしています。

4.相手の中途半端な足払いがチャンス

相手が中途半端な足払いをかけてきたときに、燕返しは有効です。

しかし中途半端な燕返しは、相手の燕返しとなるでしょう。

柔道では、足払いも燕返しも出しやすい技だからといって油断してはいけません。

5.すかさず次の技へ

たとえ燕返しで相手を投げることができなくても、すかさず次の技に連絡していきます。

6.投げ込み

相手と組んで動きながら、足払いをかけてもらい、それを燕返しで返す練習をします。

まずは組み合って、2人で「イチ、ニィ、サンッ」と横方向に動きながら、相手が足払いをかけてきます。

それをかわして燕返しをかけます。

左右の動き、左右の足払いのそれぞれやってみましょう。

次に縦方向に動きながら行います。

「イチ、ニィ、サンッ」で押してくる相手が足払いをかけてきます。

それをかわして燕返しをかけます。

下がる相手、そして相手の左右の足払いに対応してみましょう。

相手をつとめる側も自分の足払いの稽古だと思って投げてやるつもりでかけてやりましょう。

お互いの真剣さが同じ練習メニューでも柔道の上達の度合いを変えてしまいます。

7.無意識と有意識

冒頭に、燕返しのやり方とコツは、相手の足払いを反射的に察知し、反射的に動いて返すといいましたが、練習では、膝を動かさずに、膝から下だけを動かしてかわす、相手と動きを合わせて投げ込むなどを意識しながら反復していきます。

そういった有意識で行う稽古を重ねて、実際の柔道では、無意識に、自然と技が出るという上達ルートを目指して練習メニューを行ってください。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA