柔道の足技(あしわざ)は、投技のなかでも21本と種類が多く一本を取れる技はもちろん、決め技への牽制やフェイントとしても使えます。

足技の種類

柔道の足技は、出足払・膝車・支釣込足・大外刈・大内刈・小外刈・小内刈・送足払・内股・小外掛・足車・払釣込足・大車・大外車・大外落・燕返・大外返・大内返・跳腰返・払腰返・内股返の21本から成り立ちます。

足技の役割

柔道の足技は、実践において相手を投げることはもちろん、自分の決め技の手技や腰技をかけやすくするための牽制やフェイントとしても使うことができ、相手の重心を崩すことに有効的な技が多くあります。

出足払や送足払のように相手の重心移動に合わせてかける技や、小内刈や大内刈のように一本を取れまた、相手の重心を崩し次の技への牽制に使える技、内股や大外刈のように豪快に一本で投げることのできる技など幅広くあります。

足技の上達のコツ

足技が上達するコツは足首を柔らかく使うことです。初心者が足払いをするとよくあるのは、相手の足を蹴ってしまうことがあります。足技は足の裏を使ってかけるので、足首を柔らかく使うことが重要です。

また足技が上達するコツは自分の体幹バランスを鍛えることが大切です。足技は共通して技をかけるときに片足立ちの状態になり、相手に足をかけて投げるため、技をかけてもバランスを崩さないことが重要です。




足技の練習

足技が上達する練習メニューは基礎練習で、足払いの反復練習をしましょう。やり方は、まず一人で行います。自然体で立った状態で、左右交互に足払いをしましょう。足の裏でゴミなどを掃くように意識しましょう。

この練習では足払いの基本的な動きが身につき、足の裏使い方を意識することで、足払いの時に役立ちます。また、左右交互に練習することで体幹をしっかりさせる効果もあります。

次に足技が上達する練習メニューは、片足立ちでケンケンをすることやバランスディスクを使い、片足立ちをしての体幹トレーニングを行っていきましょう。

体幹トレーニングは柔道において大切な基礎トレーニングであり特に足技には重要になってきます。

ケンケンはトレーニングの仕方では膝に負担がかかるので、自分にあるトレーニングを行いましょう。例えば、初心者は二人組で向かい合い片足立ちで手押し相撲をすると遊び感覚で体幹を鍛えることができます。

足技を覚えることによって技のバリエーションは豊富になり、例えば、大内刈からの背負投など背負投のための牽制に使うことができ、ケンカ四つで技がかけ難いときに小外刈で相手との距離をコントロールするようなこともできます。

一見派手ではない技もありますが、上達すると綺麗に一本を取ることもでき、得意技を活かすためにも必要な技が多くあります。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA