跳巻込は、跳腰をかけてから相手を巻き込んでいく捨て身技です。

跳腰は内股に似ていますが、内股が相手の股間に脚を入れるのに対し、跳ね腰は右利きなら相手の右の内股あたりを跳ね上げます。

現在の柔道では、跳腰より内股が主流となっていますが、跳腰は内股よりも技の入りが浅く、技をかけやるいというメリットがあります。

そのため跳ね腰が上達していくうちに、自然と内股をマスターできたというケースもあります。

だから内股ができない人は、まず跳腰を練習メニューに入れてみましょう。

跳巻込は、相手を跳ね上げたものの技の勢いが足りず、相手を回転しきれないときに跳巻込に連絡します。

跳ね巻き込みのやり方とコツは、引き手と釣り手を使って、しっかり相手を崩して跳腰で跳ね上げた状態から、釣り手を放して、相手の首に巻き付けるようにして、そのまま畳に手をついていくようにして投げます。

1.跳腰

釣り手は、相手の鎖骨の上辺り、引き手は、相手の肘をしっかり握ります。

右足を踏み出し、体を回しながら左足を相手の足元に運びます。




釣り手はしっかり釣り上げ、引き手はしっかり相手を引き出します。

釣り手と引き手をしっかりきかせて相手を斜め前に崩し、自分の腰を相手に密着し、右膝をくの字に曲げます。

くの字に曲げた右足の外側を相手の右脚の内側に当てて、相手を跳ね上げます。

2.跳巻込

宙に浮いた相手の体の回転が不十分だった場合、跳ね巻き込みに移行します。

釣り手を離して、引き手を離さずに、さらに体を回していって相手を巻き込んでいきます。

引き手を放さず投げ終わった後は、すかさず流れるように寝技に連絡していきます。

柔道は、本来、投技と寝技のコンビネーションですが、捨身技である跳巻込では、寝技への移行は義務です。

2.前後の動きから跳腰、跳巻込

実際の柔道では、相手がやや前傾姿勢になっているときや、また相手が前に出てくるところ、あるいは相手が伸びあがりやや後方に崩れているときなどが跳腰のチャンスです。

だから打ち込みなどの練習メニューでは、相手を前後に大きく崩すことを意識し、相手を前後に動かしながら投げ込み練習を行いましょう。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA