柔道の抱分(だきわかれ)は、相手の背を見て仕掛ける技です。相手が背負投などを仕掛けてきたときに背後から抱きかかえるようにして投げる技です。

抱分のやり方

柔道の抱分(だきわかれ)は、相手が十分に腰を入れないまま背負投などを仕掛けてきた場合、片方の手で相手の脇腹を抱え、足を開き脇腰を落として、相手の重心を崩しながら、もう片方の腕を相手の首の前から回し、反対側の奥襟または肩を掴み踏ん張ります。

続いて、相手の体の背から降りるように横にずらして、膝を曲げて相手の足の前に踏込み、相手の膝にあてて下半身をブロックしながら、相手の体を横に開くように投げていきます。

投げるときは、相手を抱きかかえると同時に、勢いをつけて体をひねり、相手を自分の腹部の上を転がすようにします。

このとき、下腹部を突き出すようにし、畳に肘をついてブリッジをするような体勢から、体を横に捨て、相手をひねり投げます。

抱分のコツ

柔道の抱分のコツは、投げるときに抱きかかえながら自分の体のひねりを利用して投げますが、脇腹から回した手でしっかりと抱き寄せ、相手に密着することで上半身全体の力を伝えることができます。




相手の重心を崩す時には、腰を落とし、足を開いて、相手の重心を崩しますが、相手の首から回した方の腕側の足を少し内側にいれると、ひねるときに体全体の力を使えるようになります。

抱分の練習

柔道の抱分が上達する練習メニューは、背負投を受けて相手に抱きつき相手の重心を崩す練習をしていきましょう。

相手が背負投を仕掛け、体を回転してくる瞬間に腰を落とし、膝を相手の膝裏にあてるようにすることで、相手の回転を不十分にさせることができます。

また、抱きつき重心を崩すところを素早くしなければ、相手が小内刈などで対応してくるので、注意しましょう。

次に、抱分が上達する練習メニューは、相手が両膝と両肘を畳につき亀の状態になっているところに、後ろから抱きついた状態で体のひねりを使い回転させる練習をしましょう。

これは、寝技にも使え、体のひねりと腕の使い方を覚えて、相手を回転させる練習をしていきます。

首の前から回した腕と、脇腹から回した腕で相手を抱き寄せ、上半身を使いながら相手を回転させますが、回転させるときに、相手に回している両腕の脇を締めると、相手の体をロックできるのでやりやすくなります。

抱分は横捨身技のひとつで、背負投など相手が背を見せる技を仕掛けてきたときのカウンターとして有効な技であり、習得すると寝技でも活用できます。






柔道でもっと強くなりたい人へ
柔道上達プログラム~トップレベルになりたい選手と指導者向け~

驚くほど早く強くなる柔道の技習得法!!
このプログラムは柔道世界選手権を連覇し、五輪銅メダリストにもなった岡田弘隆氏 が公開する高度な技を効果的に習得する稽古法です!!

組んで投げて勝つ柔道が身につくので、試合で中々勝てない選手におすすめです!!

しかも90日以上取り組んで効果が出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!

コメントを残す

CAPTCHA